トップページ > もっと知りたいヤマヒロ > 住まいづくり支援制度のご案内

住まいづくり支援制度のご案内

住まいづくりでは、国や地方自治体などの団体が様々な支援制度を実施しています。一定の条件を満たして家を建てると補助金がもらえたり、住宅ローン金利の優遇、減税といった内容で、その種類は多岐にわたります。どんな制度があるのか、自分は何が使えるのか、その応募期限などを事前に知っておくことが大切です。
ヤマヒロで新築した場合に利用できる主な制度をいくつかご紹介します。


国の支援制度

地域型住宅グリーン化事業

長期優良住宅や低炭素住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を、主に新築する場合などに補助金が交付されます。

    • ●長寿命型
    • 長期優良住宅
    • 【補助金】 110万円
    • ●高度省エネ型
    • ゼロ・エネルギー住宅
    • 【補助金】 140万円

主要構造材の過半において地域材を使用する場合、最大20万円加算

三世代同居対応住宅の要件を満たす場合、最大30万円加算

サステナブル建築物等先導事業(省CO²先導型)

省CO²の実現性に優れた先導的な住宅・建築プロジェクトの普及拡大を目指すために国土交通省が補助を行うもので、OMソーラー株式会社の「太陽と共棲する新世代パッシブソーラーハウス推進PJ」が採択されました。
OMソーラー次世代機種「OMX(※)」を導入する戸建・新築住宅には、補助金が交付されます。

【補助金】 最大195万円

さらにOMソーラー株式会社より、6.5kwの大容量蓄電池(70万円相当)をプレゼント

※OMXとは・・・1台で全館冷暖房・給湯・換気、さらに1階全館の床暖房により、穏やかな空間を24時間365日作り出すことが可能なシステム。

すまい給付金

消費税増税による住宅取得の負担を緩和するために創設された制度で、収入が一定額以下の人が消費税率8%または10%で自らが居住する住宅を取得した場合に、給付金が交付されます。

収入額の目安 都道府県民税の所得割額 給付基礎額
税率
8%
425万円以下6.89万円以下30万円
425万円 超475万円以下6.89万円 超8.39万円以下20万円
475万円 超510万円以下8.39万円 超9.38万円以下10万円
税率
10%
450万円以下7.60万円以下50万円
450万円 超525万円以下7.60万円 超9.79万円以下40万円
525万円 超600万円以下9.79万円 超11.90万円以下30万円
600万円 超675万円以下11.90万円 超14.06万円以下20万円
675万円 超775万円以下14.06万円 超17.26万円以下10万円

上記の表の「給付基礎額」に登記上の持分割合を乗じた額(千円未満切り捨て)が給付されます。

給付基礎額 × 持分割合 = 給付額

※収入額の目安は、扶養対象となる家族が1人(専業主婦、16歳以上の子どもなど)の場合をモデルに試算した結果です。

※2021年12月31日までに引き渡し・入居した住宅が対象です。

自治体の支援制度

●兵庫県
兵庫県産木材利用木造住宅特別融資

兵庫県産の木材を使用した木造住宅を新築、増改築、既存住宅長寿命化、リフォームする方に、兵庫県と金融機関が協力して資金を融資する長期固定金利の「住宅ローン」です。

対象:県産木材を50%以上使用した木造住宅など

  • 【融資利率】 1.0%固定(25年返済まで) ※26年目以降10年間 2.0%
    (平成30年4月1日から平成30年9月30日までの融資実行分に適用)
  • 【返済期間】 25年以内
    (県産木材を60%以上使用し、長期優良住宅の認定を受けている場合は、35年以内に延長)
  • 【融資限度額】 最大3,200万円(融資限度額の上乗せ要件をすべて満たした場合)

※融資限度額の上乗せ要件
・県産粘土瓦使用で+200万円上乗せ
・環境配慮型住宅で+500万円上乗せ
・県産木材使用率80%以上かつ「Tajima TAPOS(但馬テイポス)」技術の活用で
 +200万円上乗せ

●宍粟市
森林の家づくり応援事業補助金(住宅取得支援)

定住を目的に市内で住宅を取得する移住者や転入者を支援する制度です。
転入または転居等し、住宅を取得または新築する40歳以下の方または中学生以下の子どもがいる世帯に対し、補助金が交付されます。

    • ●市外からの転入者の場合
    • 【補助金】 最大50万円
    • ●転居者の場合
    • 【補助金】 最大30万円

市内事業者で施工する場合、最大50万円加算

地域材(宍粟材)を1/2以上使用する場合、最大20万円加算

●たつの市
定住促進住宅取得支援事業

市内に定住する意思を持ち、新たに住宅を取得する転入者の方や、若者世帯に対して奨励金が交付されます。

転入者住宅取得奨励金
市外に居住されている方が、市内に定住を目的として住宅を取得された場合

【奨励金】 50万円(1年目30万円、2年目10万円、3年目10万円)

若者住宅取得奨励金
市内に居住されている方(夫婦のどちらかが40歳以下)が、市内に定住を目的として住宅を取得された場合

【奨励金】 30万円(1年目一括交付)

●相生市
定住者住宅取得奨励金交付事業

市内に定住する意思を持ち、ご自身が居住されるために住宅を新築、もしくは購入された方に対して奨励金が交付されます。

●市外からの転入者

・40歳未満の場合 【奨励金】 80万円(16万円×5年間)
・40歳以上の場合 【奨励金】 30万円(6万円×5年間)

●市内在住者(40歳未満)【奨励金】 最大50万円(10万円×5年間)

●赤穂市
若者世帯住宅取得支援事業

45歳未満(本人または配偶者のどちらか)の若者世帯の方が、市内に定住する意思を持って住宅を取得された場合に、赤穂商工会議所が発行する商品券が贈られます。

【商品券】 20万円分

義務教育終了前の世帯員がいる場合、1人につき5万円加算

※平成30年10月1日以降の住宅取得の支援金は10万円になります。
※転入者定住支援金交付事業との併用はできません。

転入者定住支援金交付事業

市内に定住する意思を持って住宅を取得し、転入された方に、赤穂商工会議所が発行する商品券が贈られます。

    • ●1人で転入した場合
    • 【商品券】 10万円分
    • ●2人で転入した場合
    • 【商品券】 20万円分

義務教育終了前の世帯員がいる場合、1人につき5万円加算

※若者世帯住宅取得支援金との併用はできません。

●神崎郡神河町
若者世帯住宅取得支援事業

若者世帯の方が住宅を取得する場合に取得費用の一部が補助されます。

・夫婦の満年齢の合計が80歳未満の世帯、かつ、夫婦が同居している世帯
・婚姻を予定している者同士の合計年齢が80歳未満であり、住宅取得後6ケ月以内に婚姻し、夫婦で同居するもの
・満15歳に到達して最初の3月31日までの、生計を一にし同居する子どもがいる世帯

【補助金】 最大100万円

補助金の募集期間内であっても、応募多数の場合には早めに受付が終了する場合があります。利用したい補助金がある場合には、早めの応募がおすすめです。お気軽にスタッフまでご相談ください。