トップページ > 商品コンセプト > リフォームの施工実例集

リフォーム施工実例集

古くなっても愛着のある住宅。住宅を再生し永く住み継ぐという選択もあります。ヤマヒロはしそう杉を使った健康でエコなリフォームをお勧めします。

  • 最新の施工実例集はこちら
  • 実例14写真
  • 実例13写真
  • 実例12写真
  • 実例11写真
  • 実例10写真
  • 実例9写真
  • 実例8写真
  • 実例7写真
  • 実例6写真
  • 実例5写真
  • 実例4写真
  • 実例3写真
  • 実例2写真
  • 実例1写真

【リフォームや古民家再生の意義】

  • ・親子代々の思い出の家を残せる
    盆・正月・祭りは家族が集まり、ご近所さんとの付き合いもそのままです。
  • ・今では手に入らない大きな材が再利用できる。
    古民家などは一般に現在では手に入りにくい大きな差鴨居や梁また欅の大黒柱などが多く使われてます。
  • ・新築では出せない味わいがある
    新品の材と違い、年数のたった古材は数十年 数百年の重みが感じられます。
  • ・建物を小さくしなくてもすむ
    建築における法律がなかった昔の建物は、現在の建築基準法では建てられない大きさの場合があります。その大きさをそのまま活かせることもメリットのひとつです。
  • ・日本人の生活文化の良いところを守れます
    昔の民家づくりの家は家族空間が一体化する広がり間取りになっており、廊下などの無駄なスペースが少なく、風や太陽の光を取り込んで、より自然な暮らしをすることができます。また、家族間でも“間の取り方” がうまくなり“思いやり” ある日本の伝統的な心を育みます。

【リフォーム/古民家再生に対するQ&A】

Q1 : 地震に対する強さはどうなの?
A1 : 予算にもよりますが基礎を作り直して設置しなおせば耐震性を大きく上げることができます。
Q2 : 新築よりも安くできる?お金をかけて再生する価値がある?
A2 : ローコスト住宅と比べれば逆に高くつきますが、少なくともほとんどの改装工事でいえることは、もしも同じものを一から造ることと比べると、かなり安く済むということです。また、新築ではでない高級感を出すことができることを考えれば、古家リフォーム/古民家再生は値段に対して付加価値が非常に高いといえます。
Q3 : 冬の間、隙間風だらけで寒かったりしないの?
A3 : 古家の大規模改装の場合、耐震性をあげるためにも壁をいったんめくります。そのときに断熱を施し、開口部のサッシュを変えることで隙間風がほとんどなくなります。家の断熱性能が高まり冬も快適に過ごせます。

このページのTOPへ戻る