トップページ > ヤマヒロはこんな会社です > リフォームに力を入れています

リフォームに力を入れています

住み継ぐ家イメージ

○家は住み継ぐもの

昔は家を建て替えるとしても、元の家の材料を何度も使って建て替えました。その証拠に、古い家の柱や梁には、その前の家だった時の加工の跡が残っていたりするものです。

日本の木造の家は長持ちします。戦後建てられるようになった鉄の家や、コンクリートの家、またはプレファブの家などは20〜30年が寿命とされますが、しっかりとした木造の民家は何世代にもわたって、数百年間使われたものです。

メンテナンスフリーと言う言葉を耳にすることがありますが、それは20〜30年で家を潰すことが前提であると思われます。そのくらいの時間ならば、ほとんどの建材は十分持つものです。昔のように最低でも100年は住み継ぐという考えのもとにおいては、メンテナンスフリーはありえません。家はこまめに手入れをしながら、家族の時間を刻んでいくものです。

メンテナンスだけに限らず、20年も経てば家族構成も変わり、使用用途も変化し、家のリフォームは必要になってきます。

大切な家族の棲みかを永く大事に使いたい。そんな世の中のニーズにこたえることができるように、まだリフォームと言う言葉すらなかったときから、ヤマヒロは30年以上もリフォームに力を入れて取り組んできました。

網戸の張り替えから大型の改装工事まで、毎年、1000件前後のリフォーム工事をこなした経験で、ご家族の暮らしをよりよくイノベーション(変革)するリフォーム提案をさせていただきます。

古い家には、新しい家には出せない深みがあります。100年建つ農家や町屋。また、築30数年しかたっていないけど、はじめて建てた大事なマイホーム。大きい・小さいや、旧家・新宅 関係なしに、お気軽にご相談ください。ヤマヒロらしいリフォームのご提案を、お客様のニーズに合わせてさせていただきます。