トップページ > もっと知りたいヤマヒロ > モデルハウス > はりまの杜 住宅展示場

はりまの杜住宅展示場

2012年3月、姫路市砥堀に誕生した「はりまの杜 住宅展示場」。自社設計の“しそう杉の家”と、建築家・伊礼智氏設計の“i-basic”の2棟のモデルハウスと、播磨の原風景を切り取ったような庭。暮らしやすさの提案とともに、郷土の美しい風景を形づくっています。


全景写真

コンセプトは、「紡ぐ、結ぶ、集う」。
町に美しく佇む家と、里に生えたように建つ二つの異なる家を、まあるいロータリーで糸を紡ぐように結びました。
そのふたつの家を包むのは、播磨の原風景である“里山”をそのまま切り取ったような庭。
先人の知恵、地場の素材、伝統の技術・・・そんな住まうことを巡るさまざまな思いや技が出逢う場に育てていきたいと思っています。

■しそう杉の家(自社設計のモデルハウス)

低く構え、播磨の景色となじむ佇まいをもつ“しそう杉の家”。 日本の家の原点ともいえる田の字のプランを現代風にアレンジしました。 深い軒の出と大きなデッキが生み出すウチでもソトでもない曖昧な空間。 それと室内を、全開口できる大きな建具で結びつけました。 気持のいいソトとのつながりを大切にした設計で、四季を感じる住まいです。

しそう杉の家開口写真 しそう杉の家写真

■i−basic(建築家・伊礼智氏設計)

昔はあたり前だった土間の台所、母親が料理をする間、子供たちは薪をくべて釜戸の火を絶やさぬようにしていました。 家族みんなで食事づくりに関わり、おいしく残さず食べること、そんなあたり前な「食」の時間をこのモデルハウスでは改めて提案しています。

しそう杉の家開口写真 しそう杉の家写真


< 見どころ動画集 >

モデルハウスの見どころを、ちょっとした動画にしてみました。ぜひご覧ください。

■大開口の窓


壁に収納できる木製引込戸。開け放つことで大開口を実現しています。

■視線の抜け


部屋と部屋の間に壁を設けないことで視線が抜けます。

■回遊性


行き止まりがなくぐるぐる廻れることで、空間の広がりを感じることができます。

住所〒670-0802 兵庫県姫路市砥堀721-1
TEL079-264-6700
営業時間10:00〜18:00
休館日夏期休暇・年末年始
交通JR播但線『砥堀駅』より徒歩約8分
播但連絡有料道路『豊富ランプ』より車約4分
地図はりまの杜住宅展示場の地図
詳しい地図はこちら 矢印

このページのTOPへ戻る